金利を頭に入れておく

最近では多くのクレジット会社がリボ払いを宣伝文句にしています。
利用者の立場としては、毎月一定の金額を返済していけばいいリボ払いはとても便利なものです。
今現在、リボ払いを利用している人も多いのではないでしょうか。
リボ払いは一回あたりの返済金額が少ないため、利用者としてはあまり借金をしているという意識を持たないで済みます。しかし、あまりにもそれに頼りすぎてしまうのも考えものです。 長い期間での金利を計算すると、予想以上に利息を支払う事になってしまうからです。 クレジット会社が収益を上げるには、消費者に長い期間お金を借りてもらうほうが都合がいいのです。 返済期間が長ければ長いほど、クレジット会社は利息で稼げるわけです。 たしかにリボ払いでは、毎月一定の金額の返済をしていけばいいので便利なものですが それでは常に借金を背負っている状態なので利息の支払いだけでも長期的にはかなりの金額になってしまいます。 お金に余裕が出来た時などに繰り上げ返済をしていったほうが、最終的には利息面で大きな節約になります。 派遣社員の場合だけではないですがいつどんなことがあるか分からないのでその点を注意したいものです。

コメントは受け付けていません。